ウッドテラス補修

経年変化で傷んだウッドテラス。表面から見る限りは大した痛みではないですが、実際に床板を剥がしてみると梁や根太は想像以上に腐食が進行しています。木材同士が触れているところは雨水が抜けにくく乾きにくいので、表面よりも痛みが速いです。

柱や主要な梁はまだ使えそうだったので、床材を途中で切り、腐食した木材のみ防腐注入材に交換しました。上の写真の根太は2本の木材を抱き合わせて施工してあったのですが、木材の合わせ目の水が抜けずに腐ってしまっていたので、1本の角材に交換しました。

完成した状態です。パッチワークのようですが、塗装をすればそれほど目立たなくなると思います。この後オーナーさんがご自身で塗装されます。

少しでも自ら手を掛けることでコストダウンになりますし、愛着も湧きますね。